家庭教師と女の子

プロ家庭教師を仕事やアルバイトとして選ぶ理由としては自分のノウハウを受験生や不登校の子供たちに責任をもって教えることで活かせる職業だと思っている方が多いからのような気がします。こちらではプロ家庭教師についてご紹介していきます。

「本物の」プロ家庭教師を選ぶなら必ず実績の資料を

学習塾や家庭教師といった教育サービスの広告を色々と見かけますが、実はそれら全てがプロが指導に当たっているというわけではありませんのでご注意ください。
例えば、受験対策と言っていても受験問題の傾向がわかっていない講師、定期テスト対策と言っていても過去の定期テストを見たこともない講師も残念ながら多く存在しています。
札幌の学習塾であればそのような講師は存在しないと断言できますが他の地域ではわかりません。
そのような事態が発生する大きな理由は「学生講師が多いから」です。
ほとんどが大学生や大学院生のお小遣い稼ぎのアルバイトとしての講師がほとんどです。
医学部、薬学部と聞くとそれだけで家庭教師としてはレベルが高いような錯覚を起こしてしまいます。
しかし、教育の専門ではない学生は頭は良いかもしれませんが教え方が上手いと言えません。
学生は受験の知識や定期テストの知識についても乏しいため「一般的な勉強」しか教えることができないこともあります。
ピンポイントで「ここが出る」と言えないのでどうしても効率が悪くなってしまうことが多いようです。

そういったことが起こらないようにただの家庭教師ではなくプロ家庭教師に指導をお願いしましょう。
では、プロ家庭教師を選ぶためにはどうすれば良いのかをご紹介したいと思います。
プロ家庭教師を見極める上で大切なのは実績で、その講師の学歴はあまり関係ありません。
今まで担当してきた生徒をどれだけ合格させてきているのか、成績が上がったかをきちんと教えてもらいましょう。
プロ家庭教師であれば実績を必ず教えてもらえるはずです。
答えられない家庭教師はプロとは言えませんので、事前に確認は取るようにしておきましょう。
さらに言えば、目標としている学校がある場合はそこの合格率を確認するのがベストです。
公立高校入試などは問題の癖が少ないので一般的な指導でも結果が出やすいですが、中学受験や私立受験の場合は問題傾向をよく知っている講師が教えなければ成績は上がりません。
出やすい問題や面接の受け答えのアドバイスなどができる講師であればプロと言えるはずですので、それを見極めるのは実績を確認するのが一番と言えるでしょう。