家庭教師と女の子

プロ家庭教師を仕事やアルバイトとして選ぶ理由としては自分のノウハウを受験生や不登校の子供たちに責任をもって教えることで活かせる職業だと思っている方が多いからのような気がします。こちらではプロ家庭教師についてご紹介していきます。

本業か副業どちらを選ぶか

プロ家庭教師は本業の合間に片手間でやっている副業とそれ一本で生活している本業とでは、かける労力と覚悟が違います。
副業は効率良くお金を稼ぐのが目的であって、雇われた会社が指示したことだけ行うのが常です。
しかし、本業として行っているプロ家庭教師は、担当した子どもの学力が向上するかどうかが今後の生活に密接に関係してくるので、自分の将来をかけて熱心に教えてくれます。
ひとりの先生が多くの子どもに教えるような塾とは違い、ほぼワンツーマンでの指導となるためプロ家庭教師で塾で補えない部分をカバーすること出来ます。
プロ家庭教師は、仮に家庭教師センターからの派遣であっても、実績を積んで独立することを視野に入れている方も多いです。
自分の名前で仕事をする立場だから、いかに自分だけのノウハウと信用を積み上げられるのかを意識して取り組んでいます。
学生とは違って社会人としてのマナーや人生経験がある点も魅力的で、年配者ならではの気配りや、実体験に基づいたアドバイスを行ってくれることもメリットもあります。
年齢が近い方が親近感が湧きやすいのも確かですが、中学受験のように人生をかけて臨む試験となれば、同じく本業だから本気になってくれるプロ家庭教師が向いています。
時給制のアルバイトとして働いている学生にとっては、家庭教師の立場はかりそめでしかなく、とりあえず勤務時間を務めれば良い程度の認識です。
いっぽう、プロ家庭教師は自分が受け持った仕事が全てであり、より好条件で仕事をするために具体的な実績を追求しています。
言わば、依頼する側の家庭と利害が一致した存在でして、費用が高めであるにも関わらず、本気で志望校に合格したい家庭に人気です。
不登校の子どもにも適切な指導ができるプロ家庭教師ともなれば、実際に雇った家庭からの口コミだけでも仕事がどんどん舞い込んでくるということも多いようです。
安いからと安易にアルバイトの家庭教師に頼まず、責任をもって教えてくれるプロ家庭教師を選ぶことが重要です。

おすすめ記事

  • 学生家庭教師では難関校は無理?プロ家庭教師の手腕

    アルバイトとして家庭教師を選ぶという大学生が行うことが多く、アルバイト程度で家庭教師を行うのでその中身の濃さや教育に対する真剣さには差異がでることがあります。 教育についての熱意は、その人にもよりますがどうしてもアルバイトなので手間の仕事程度の考えから、受講生の学力を伸ばすように頑張ってくれるとは限らないので、その点を知っておくことが必要です。 それゆえに大学生の家庭教師に高い...続きを読む

  • 個別指導塾が大嫌いだったら家庭教師を頼もう

    個別指導塾と家庭教師は似ていますが、中には個別指導塾は大嫌いになる生徒もいるので注意が必要です。 個別の場合は、一人の先生が2人から3人の生徒を指導することもあるので、おとなしい生徒だったら、分からないところを先生に質問しにくいことがあります。 また講師の先生の都合などによって、担当する先生が変わることもあるので、それを嫌がる生徒もいます。 家庭教師の場合は、そのようなことは起...続きを読む

  • 「本物の」プロ家庭教師を選ぶなら必ず実績の資料を

    学習塾や家庭教師といった教育サービスの広告を色々と見かけますが、実はそれら全てがプロが指導に当たっているというわけではありませんのでご注意ください。 例えば、受験対策と言っていても受験問題の傾向がわかっていない講師、定期テスト対策と言っていても過去の定期テストを見たこともない講師も残念ながら多く存在しています。 札幌の学習塾であればそのような講師は存在しないと断言できますが...続きを読む